Top page  1/51
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11
2017

ライブのチケットの結果

CATEGORYラルク
ラルクの4月のライブチケットは、本日当選しました。やっと、ホッとしました。
私は、確保できたけど、本当にラルクのライブに行きたい人にチケットが届くことを願うばかりです。
私は、仕事があるから1日だけの参加です。

tetsuyaさんのベースの音、楽しみです。
hydeさんの声、大好き。
kenさんのギターメロ、その姿が楽しみ。
yukihiroさんのドラム音、そしてそのハニカム笑顔が見れたら嬉しいです。


22
2016

CDのケース

CATEGORY日記
HYDEさんのCDについてです。
CDアルバム「ROENTGEN」は、引っ越し後約2年段ボールの箱に詰めたままにしていたら大変なことに!!ケース表面がべとべとになりました。ショックです。これは合皮だったのか牛皮なのかあまり覚えておらず、どうしたら良いか調べると、中性洗剤を水で薄めて布で拭くとかろうじて大丈夫でした。しかし、これは、風通しの良い場所へ置くことと、定期的に質の変化に気を配らなくてはならない代物です。

「ROENTGEN」は、いくつかの種類があるうちの、白いパッケージで、皮でできていて(合皮?)いるものなのです。とてもデリケートです。皆さんは、いかがでしょう。気温、室温によると思うので誰でもなるとは思はないけれど・・・。大切だし気をつけます。
21
2016

シングル曲

CATEGORYラルク
ラルクの新曲、12月に発売ですね。今日発表があり、そのような知らせがあると気持ちが浮足立ちます。
HYDEさんのレントゲンを聴きながら今までのことを振り返ると、年月が経つのは早いと感じます。VAMPSでやりたいことをやっているとのことなので、ラルクの方にも~と思ってしまったり、複雑です。

バイオハザードの映画音楽にも使われたり、ハイレゾのCMにも「ゾクゾクする」  なんて、セリフを言う姿に心踊らされたり、今年の後半は、ラルクのこともやってくれているのがかたちとして残ると思うと嬉しかったですね。来年も期待しています。

シングル曲、LPサイズとは・・・ジャケット写真が凝ってそうです。しかも、大きいと飾るとかも考えなければなと思います。ゾンビの方は飾る場所を検討せねばならないが・・・。かわいらしいエバラスの方が飾るにはいいな。

他、CDに収録されるであろうほかの曲のことが気になるのです。
過去の曲のアレンジが収録されるのが最近の傾向であり、しかし、私としては90年代にやっていた手法でカップリングに新曲が入ると嬉しいんだが、それはないか・・・。


14
2015

ライブビューイング

CATEGORYラルク
9月22日のラルクのライブビューイングのお話し。

とりあえず、当選していました。

良かった。

北九州小倉へ行きます。楽しみです。

今日チケットも発券しました。どんな席かな?

ライブビューイングは2度目だったかな。よく覚えていないけれど、以前の席は前から4列目で端から2番目の席、前方に広めの通路があるところで、気兼ねなく過ごすことができました。前回とは違う映画館だし、わからない。果たして今回はどうでしょうか。

そして、私の予定が何事もなく順調に進むことを願う。

チケットを予約する時点で、度々、覚悟をきめる感じです。ライブが終わり帰宅するまで何事もないようにってね。

私以外の人たちに問題がおこると実行できないことがあるからです。

何はともあれ、今回のライブビューイングは二人で行きますよ。久しぶりに楽しみたいです。

08
2015

LIVE 2014 at 国立競技場BDをみる日々を過ごす

CATEGORYラルク
「L'Arc~en~Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」の国立のBDをみていると、本当に映像が綺麗。
私が好きな曲は後半に演奏されます。だから、今は
16曲目から23曲までの流れが最高に好きです。
ほぼ毎日この流れで映像をみていい気分に浸るというのが、私の日課になりつつあります。
曲目は次の記載通りです。
shade of season
DRINK IT DOWN
EVERLASTING
Blame
Caress of Venus
Driver's High
Link
あなた


shade of seasonからの次にBlameを演奏に・・・とつながるのがとても好きです。
もともとBlameが好きでもあって、歌詞はどちらかといえば暗いですが、なんといってもベースの低音と流れるメロディーが魅力です。

もう一度あの二つに別れた道へ
戻れるとして君に
触れないで迷わずにこの道を選べるか
解らないけれど
<歌詞一部>

「もう一度あの二つに別れた道へ~」の歌詞が、人生の岐路をイメージさせる気がして、自分の人生を振り返る時に頭をよぎることの一つでもあるから・・・感慨深いです。名曲です。


BDをみて、今度またライブがあるなと考えながらウキウキする私がいます。
今を生きるためには、活力が必要です。ラルクから力をもらっているから、9月21日22日に開催されるライブL'ArCASINO(夢洲)すごく楽しみです。私は、当日現地にはいないけど、ラルクの活動があるのはすごく嬉しい。
そして、少しずつ新曲を作ってほしいなと思います。EVERLASTINGもよかったし、この曲はラルクじゃないと表現が難しい曲だとも思いました。kenちゃんの名曲。そしてhydeさんの表現力が最高です。もっとラルクのことを好きになる人が増えてほしい。ライブのhydeさんはテレビのhydeさんとは全然違うから、ライブのhydeさんは本当に人をひきつけて、観客の人を魅了します!!ライブに行けばわかる。
あ~、やっぱり現地(夢洲)に行きたくなったな・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。